今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法

【拍手喝采】少女が入院中に考えた便利グッズ【10歳】

健康・美容

【拍手喝采】少女が入院中に考えた便利グッズ【10歳】
LABOMO




PR<<【超格安】無料で旅行に行けるかも【国内・海外旅行】>>PR

看護師のイライラを解消!」 10歳の少女が入院中に考えた便利グッズ



2015年に白血病と診断され、入院をしていました。

看護師が絆創膏のパッケージと格闘している姿を目撃します。



状況にもよりますが、応急処置などを行う際、看護師は手袋をします。

しかし、手袋をしたままでは、絆創膏のの包み紙(個包装になっているラッピング)を剥くのに非常に苦労するのです。

この時は、看護師がブリジットちゃんのお母さんに「パッケージをはがしてもらえますか?」とお願いしました。

しかし母親も、爪をのばしていたのでそれを剥けなかった。

ブリジットちゃんは、この様子を見ていて「お世話になっている看護師さんのために何か作れるのではないか」と考えたと言います。

♦試作を重ねてついに完成させたディスペンサー

ブリジットちゃんのアイディアはこうです。

セロテープのように、絆創膏を引き出すことはできないか

イメージ図も描きました。



「中にセットする絆創膏はロール状にしておく」「ケース内を密閉することで清潔に保存する」などのアイディアを追加して、最終的なイメージ図は、こんな感じに。



このアイディアなら、看護師が手袋をしたままでも、簡単に絆創膏のパッケージをはがすことができます。

試作を重ねて、ついにバンドエイドディスペンサーを完成させました。



♦発明を称える賞でグランプリを獲得

完成したバンドエイドディスペンサーに自信を持ったブリジットちゃんは、青少年のための発明賞である「littleBIGidea」に応募した結果グランプリを獲得!。

審査員は、ブリジットちゃんのアイディアをこう評し、絶賛しました。

「まず何よりも、このアイディアはシンプルであることが素晴らしいんだ」

「看護師のルーチンワークをシンプルにして、廃棄するパッケージを減らすこともできる」

「そして、看護師以外の人でも素早く応急処置ができるんだ」

「本当に素晴らしい発明だね」

今後は商品化も視野に展開されて行くそうです。

「お世話になっている看護師さんのために」というブリジットちゃんの想いが生み出した発明です。



彼女は今も抗ガン剤治療中だが、経過は良好であるとのこと。

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう

月別アーカイブ

エン婚活